6/28(日)函館1R、リナーシェ4着に健闘

この土日で仕事が入りブログに手が回らなかったのですが・・・ダンケシェーンが特別戦を除外になったものの、リナーシェがデビュー戦から中1週で未勝利に出走し、7番人気4着と健闘してくれました。
道中ついていけない感じでスプリント適性があるようには全く見えないのですが、最後しっかり上がりを使って追いこんできてくれます。
ここから一旦放牧に出るようで、体調次第では札幌開催にも・・・といった温度感のようです。

なお土曜日には阪神でヴァクストゥームが1年ぶりの復帰戦を圧勝。ユニオンも2018世代デビュー1番星のスライリーが東京で新馬勝ちでした・・・出資者&関係者の皆さんおめでとうございます。

更に函館6Rはジョディーズマロン&ヴァラマイトのローレル2頭出し、それぞれ2着5着と健闘しましたが、このレースはアラキファームさんのアラフネ18(ルーチェドーロ)がレコードで楽勝し、ちょっとほろ苦い結末に(^^;)
ということで地方再転入となる半姉アランチオーネ、1つ下の半弟アラフネ19にも期待が高まりますし、2着になったマロンとヴァラマイトも決して悪くない内容ですし、早くからの勝ち上がりもありそうですね。

極めつけが宝塚記念で大穴ながら3着に激走したモズベッロ、その下フロムディスタンスはどこまで行けるでしょうか・・・

所属クラブや知っている牧場さんの馬が躍動した1週間でした。こういうニュースがもっと沢山届くようになると良いですね!!

この記事へのコメント